○ 解体届に記入した工事対象床面積

10月頭に提出した解体届について。クライアントさんより工事の総床面積の確認あり。
この届出では、その他2、3の記入事項で窓口に補正報告を行っていたので、窓口受領印のある「控え」とは一部異なる内容になったのを思い出した。

補正報告を電話連絡で行ったため、記録に残っている部署に電話で問い合わせして確認。こちらのメモと照合し、クライアントに報告。

届出書受領印の市の窓口からアプローチしたが、市の窓口で受け付けて県へ渡す手続きなので、県の代表電話から担当部署の電話番号を聞いて、担当部署でつながり記録をみてもらって電話で確認した。

○ 相続財産調査で金融機関の残高証明書を精査

夏より相続財産調査をすすめている案件で、予想どおり相続税がかかるため税理士に入ってもらっている。税理士の指導に従って残高証明を取得しなおしたり、すでに取得したものの記載について窓口に再確認を行っている。

要するに、相続開始時(死亡時)における預金や金融商品の額を金融機関の押印のある証明書で固めたい。というのは、他の相続財産の確定も多岐にわたるから証明書が出るものについては、自ら計算して主張するリスクが減らしていく方向ということ。

最終的には徴税作用への説明責任であり、スキや緩みがあるとクライアントに迷惑がかかるだけでなく関与した士業も役割と責任を問われる可能性が残る。そのような後味の悪い仕事にはしたくない。

定期性の預金については、相続時までに発生している既経過利息(きけいかりそく)が証明書に載るようにする。普通預金についても同様にしたい。投資信託なども相続発生日に解約したとした価額(解約価額・かいやくかがく)が記載されてほしい。

遺産分割が成立すると相続時に効果が遡るから、その時点でその価額を相続人が取得することになり、それが相続税の算定対象になっていくので、1円単位まで確定する必要があるのだ。

しかし、金融機関をまわると、完全には証明書が出てこないケースもあるのがわかった。わかってきたのは以下の点。

ゆうちょ銀行
普通預金では既経過利息の表記は対応していない。振替口座分とは限度額設定した額を超える部分をこう呼んでいて無利息となる部分。定期預金は「解約利息」という表記で記載。限度額設定は普通預金・定期預金含めたひとりあたりの総額で行われる。本件では1千300万円に変更していないため1千万円で設定されていた。

三菱UFJ信託銀行
普通預金の既経過利息は含まれた額が記載されている。投資信託の解約価額は特別に記載をしない。口数あたりの価額が記載され、円単位に直すのは各自計算して欲しいとのことだった。

広島銀行
外貨定期預金について既経過利息の記載はしていないとのことだった。普通預金については備考欄に記載してくれた。本件では2円と書かれた。

広島信用金庫
定期預金について、既経過利息の証明を別途書いてくれた。投資信託については「基準価額」という表記になっている。注として「基準価額(または解約価額)」ともあり税理士が用いる「解約価額」と同じ意味になるものかを問い合わせ中。取得した証明書記載の電話番号で対応してくれたが、今一度確認して折り返し電話があるとのこと。ただし、一般的には相続時の記載は「基準価額」と呼んでいるとのことだった。

○ その他

遺産分割協議書をつくり公正証書にもしておきたい、とのご相談あり。山間部の不動産の名義が親の名義ままであり、兄弟姉妹で分割したく話しもまとまっているが、自分がもっていないことを永続的に証明するために費用をかけてでも公正証書にしたいとのことだった。公証役場に確認が必要。費用も通常の遺産分割〜登記に加えて公正証書に残す分を見積もってクライアントに伝える必要がある。

コメント・シェア

いよいよ記事をかくぞ。今日やったこと。

ポメラで書いていてテキストファイルをDropboxに吐き出して統一的に管理しようと思いついた。
ポメラが生成する 20171202_1907 のようなファイル名で順に並ぶようにできる。

ただし、つらつら書いた中身はタイトルからうかがえないのはデメリット。

しかしポメラ内で中をいちいち見に行って削除したり思い出して加筆訂正したくなったり、それはそれで面白かった。

だから、テキストファイルをシンプルにクラウドで整理する、どの端末で書いてもDropboxに突っ込めばそこに溜まっていき、しかもファイル名で時間順に確実に並んでいく、という風にしたい。

Hexo のconfigでCodeを書いて設定できた。書き方は以下のとおり。完全にポメラと同じにできなかった。 _ アンダーバーが(WindowsではHexoでは)ファイル名に使えないからだ。

しかしそれはそれでポメラで書いたテキストとそうでないものとの区別にはなるし、時間順に並ぶことに変わりはなく支障も考えられない。

ここまで書いて、テキストファイルを保存する→Dropboxに。

コメント・シェア

午後から書士会の研修。ここ2回ほど参加申込みをしていながら業務の流れで参加できていなかった。調整不足以外のなにものでもなく、本日は参加する。テーマは医療法人で、昨年も同テーマの研修が開催され、市役所の担当者によるレクチャーだった。

午前中に金融機関を2軒まわって、郵便を2封投函。郵便はイベント関係のパンフや資料なので送り状省略させてもらおう。

コメント・シェア

やっぱりあれだ。その場その場の「気持ちいい」とか「安心する」「安らぐ」だけを求めてちゃダメなんであって。

イタ気持ちよくて、しかも長いスパンでの向き合いをしないとね。なんとか許容範囲だけど「少し痛い」と感じるコンタクト。

そしてイタ気持ちいいコンタクトは、弱っているときは痛くて投げ出したいと感じるくらいのものだ。しんどいけど意味あるからやってみる、を含むことになる。

いつもいつも「安心する」「気持ちいい」を求めない。「ご褒美」は求めて得るのじゃなくて予想外に天から(=人から)降ってくるのが本当にうれしいんだよ。

コメント・シェア

必要なMarkDown記法を振り返って定着させる(覚える)こと

見出し2~4
黒字で強調(文中)
リスト数字無し
リスト数字あり
引用
リンクを張るときの記法
画像を張るとき記法

参考 https://qiita.com/tbpgr/items/989c6badefff69377da7

Markdown - Wikipedia

見出し2~4

見出し2

見出し3

見出し4

黒字で強調(文中)
ここを強調

リスト数字無し

  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3

リスト数字あり

  1. リスト1
  2. リスト2
    1. リスト2-1

引用

ここが引用部分になる

リンクを張るときの記法
Markdown記法 サンプル集 - Qiita

画像を張るときの記法

コメント・シェア

内容証明書の作成送付。

船舶の売却代金が支払われないとのことで、内容証明の作成と送付のご依頼あり。まだ資料をみていないのだが小型船舶と思われる。名義の登録変更はすんでいるとのこと、代金を支払わない(とされる)買主の氏名・住所は登録証をみれば確認できる。

船舶の個体を特定する必要もあるが、これも登録証で確認できる。ところが、ご依頼者(売主)が登録変更を行わないままでいたので手元に登録証明書その他の書類が残っていないから、現在の登録事項証明を取ろうとしても手がかりがない。

売買の仲介者がいるとのことで、その人物を通じて入手できるだろうか。

売買契約書もつくっていないので書面上で契約成立日時は残っていない。ご依頼者(売主)が売却したという事実を主張するのに、仲介者や前々所有者の関与もおさえておく必要があるかも知れない。

内容証明の発送は紛争に発展するかどうか様子を見る意味合いなのだが、その後、弁護士に対応をお願いするにしても見通しを考えておく必要がある。

買主の住所・氏名
船体の登録番号
売買契約の成立日時
売却金額

コメント・シェア

エディタにまっしろからのブログ投稿。
しばらく投稿していなかった。Hexo での投稿の流れを振り返ってみる。

執筆環境は2台に構築してある

端末はThinkPad または iMac で行っている。テキストを入力していく環境として、である。アップロードは現状(制限はあるにせよあえて)iMacにて行う。

ThinkPadでコマンドプロンプトからblog に移動し、hexo new title とすればMarkDownファイルが作成される。エディタからそのファイルにアクセスして入力。

クラウドにMarkDownファイル保存

ここからがクラウド環境の活用。書けたらMarkDownファイルをドロップボックスに保存する。

母艦のiMacに戻ったらアップロード。静的サイトジェネレータ的にはジェネレート&デプロイ。

これでhexo で作っている公式サイトにアップロードされる。

https://ujina.github.io/official/

このサイトには、WordPressで書いた投稿が移転されているが、投稿中の画像リンクと画像の移転がすんでいない。ここをやろうとしてひと月以上止まってしまった。

もっとも、現状ではWordPress旧サイトにドメインURLが向いているので問題なく表示されている。これがこれから運用したいhexoサイトにドメインを向けたとたん、正常に表示されなくなる。

既存ドメインをhexoサイトにむけるやり方も要確認。

以上の移植移転作業をなるべく早くやりたい。
2時間もとれたら移植移転ができるだろうか。やることの内訳としては、以下のようになるだろう。

1 画像を移動してアップロード。画像そのもののファイル名の変更は不要。
2 投稿中の画像リンクの書き換え。WordPressからHexo用のリンクに書き換える。この際、該当する文字列をすべて検索&置換して、一発でやりたい。まさにエディタを使っていて便利なところだから。
3 きちんと表示されるかを確認
4 3の前段階でドメインをhexoブログに向けることが必要。

github.io にドメインを向けるやりかたもチェック。ドメインはお名前ドットコムで取得して管理されているから、お名前ドットコムでの設定となる。

hexoの投稿title

話は変わってhexoでの投稿titleの件。
新規投稿を作るときにファイルを立ち上げるのにまずtitleを決める必要がある。しかしtitleはブログ投稿の頭に表示されるので投稿内容を作ってみてから決めることになる。だから、新規投稿を立ち上げるときのtitleは仮のものでしかない。この点はWordPressを使っていてもそうなる。

現状ではその日の日付を今日であれば20171117のように文字列でいれる。

ここからが問題である。ブログ投稿の頭に表示されるタイトルはフロントマター内の該当箇所を修正して行う。これはこれでよい。

同時にパーマリンクの問題も絡んでくる。

つまりhexoではタイトル文字列を投稿パーマリンクに設定することもできるので、その場合はパーマリンクにはどこで入力した文字列が反映していくかを意識しておかないといけない。

ただ、公式hexoではWordPressサイト時代のパーマリンクを引き継ぐべく、パーマリンクには投稿idを使おうとしている。ここは動かせないもの、現状保存の点から決まっていることなので、より便利な方法を選ぶはなしではなくなっている。

だから、投稿の作業としてこうなる。

新規投稿時にタイトルとしてその日の日付を文字列で使う
書きながら投稿タイトルとして内容を反映させたものをフロントマター内の該当箇所に書く
さらに投稿IDをフロントマター内に付与する。使えるIDの確認と普段からの管理も必要になる(ここがネックになりそうで、だからこそhexoはじめ静的サイトジェネレーターはファイル名をパーマリンクに標準設定している)。
こうして最後にMarkDownファイルの名前として新規投稿立ち上げ時に付与した文字列が残ることになる。こちらは作業端末とドロップボックスのファイル管理上で使っていくものとなる。

続きはまたにしてひとまず。

MarkDownファイルとして起動するんだから、見出しの書き方くらいはベタうち段階でやっていこう。次はぜひ。というか離れていたのでMarkDownでの見出しの記法を忘れてしまっている。繰り返して定着させよう。

コメント・シェア

自家製みそのレシピメモ。

業務用スーパーで買える丸大豆600g

水で戻して圧力鍋か炊飯器でゆでる。麹が糖質なので少なめにするため、塩分量を増やす。ただし塩は選ぶ。

一般的な塩分量のマックスあたり。

このあたりに解説あるけど、糖質制限で麹をかなり減らしていく方向をとるため、あくまで参考値。
味噌屋が教える失敗しない手作りみその作り方 | 越前有機味噌蔵 マルカワみそ

さらに、さくっと計算もできる。まあ、塩分強めにしておけば失敗はない。
味噌作り 重量計算(麹・大豆・塩) | 越前有機味噌蔵 マルカワみそ

この計算ページで「辛め」にして、さらにもう50gくらい足しておいた。今回は大豆を炊飯器で茹でたが柔らかく(水分が多く)なりすぎたかも知れない。もしかしたら醤油に仕上がるかも。

コメント・シェア

静的サイトジェネレーターの Jekyll では GitHub pages 側でブログをgenerateしてくれるので便利だと言われています。

まだJekyllサイトでこれを試したことはありません。どうも新規投稿の作成と反映までの挙動ではHexoの方がシンプルで素早くできるような気がするため使い込むことにまで至っていないからです。

ただ、GitHubPages との連携で便利と言われる、MarkDownファイルをアップロードすればGitHubPages の方で投稿とブログをgenerateされる点は試してみたいと思っていたところでした。

ところが下記のリンクによるとどうやらHexoでも同じような動作をさせることができるようで、これを試してみようと思っているところです。

How to generate GitHub Pages with Hexo, Hugo and Middleman static site generators | Buddy Blog

ただ、GitHubPages とローカルのHexoで完結するのではなくて、Buddy というサービスを媒介させているようです。

コメント・シェア

Toru Ogasawara

1968年 広島市生まれ


行政書士・ブロガー