会社や団体組織、アソシエーションでWEBサイトをつくる際の問題。WEBを実際に動かせる担当者が鍵になるけれども、その組織のコンテンツがすんなり出てこないなど、起ち上げが滞る問題がある。

例えば、せっかく若いWEB担がいてその人はブログも書いたり趣味のWEBサイトを持って経験もあるのだが、コンテンツに責任も権限も持っているのは年配者の役員集団という例。年配者の乏しいWEB経験からはよい企画が生まれようがない。

行き違う論点は山ほど出てくる。

  • タイムリーな投稿ではなく熟考された文書のみ掲載(集団主義・組織主義)
  • いきなり検索エンジンに引っかかるサイトをめざしている
  • ユーザーがサイトをどのように使うかの視点がない
  • 「サイト発信」は一方的で、双方向をイメージできない
  • 役員集団がガラケー使いのためレスポンシブデザインを知らない
  • 熱心な読者がシェアしてくれる世界を知らない
  • 独自ドメインとサーバーをとらず「無料サービス」にこだわる
  • SNSのアカウントを取らない
  • SNSプラットフォームと自己のWEBサイトの区別がない
  • 「サイト更新はこのパソコンからのみにする」などの信じられない誤解がある
    しかしこれも目の前にある現状であり課題。ひとつひとつ紐解く仕事をしていくしかない。ざっくり任せてくれたらいいのに。はあ。