5時55分より起き抜けランニングへ。いつものようにペースを決めていない歩いたりダッシュしたり歩きながら体操したりしている。汗だくで帰ってくることになるのでシャワーを浴びて体重を測って、ここ数日は朝も食事をすることにしているので食べた。

アプリの記録をみると、ここ数日は、7/21 7/23 7/25 7/27 7/28と走りに出ている。5月中旬から筋トレ毎日15分60日連続チャレンジを終わって毎日のルーティンをどう設定しようか思案していたけど、毎朝または1日おきに起き抜けランニングも良さそう。行って帰るコースだけで約30分かかるが、これでも圧倒的に運動量は人間として不足していると思わないと間違っている(と思っている)。15分から30分に拡大させてもまだまだだろう。これから秋になり冬に近づくとキツくなってくるだろうけど、そのときに考えよう。

タンパク質のメガドーズ

朝食を食べ始めたのは藤川徳美先生のFB投稿で1日に摂取している食事=タンパク質量を紹介されていたのを見てから。自分にとっては1日1食からの転換になっていく。数年前から藤川先生には「1日1食だと追いつかないでしょ」と言われていた。ここ最近、糖質制限かいわいでは「間欠的ファスティング」と言って食べない時間も代謝にとって必要という考え方が言われたり、タンパク質でもインスリンの追加分泌が起こったりする(だからタンパク質の摂り過ぎはいかがなものか)という指摘や主張をよく見るようになった。ここは何かの分かれ目のような気がしていたところ、先日藤川先生と同じテーブルで肉料理を囲んだときの先生の食べっぷりを目の当たりにして、タンパク質メガドーズ(大量摂取)の方向を試してみようと思った。

動的平衡

タンパク質の代謝の特徴をひとことで現す言葉に「作っては壊し、作っては壊し」というのがある。「動的平衡」という言葉もある。タンパク質の要求量はその人もつ身体の条件以外にも、環境やストレス量にもよるところがあるだろう。どれほど「壊されているか」によって作り直す材料がどれだけ必要かも決まってくるといえる。だとしたら、ストレスを今まで以上に引き受けたり、よりいっそうの「成長」をもとめて意図的に壊している最中なら、タンパク質の要求量はその人なりに増大していくのが必然となる。それが普段のその人の食事量のなかで「比較的よく食べている」の範囲なのか、今まででは考えられなかったほどメガ盛りにしてようやく足りるのか。それはやってみて生体に任せる、ということになるだろう。

いずれにしても意識して壊すなら作り直すに十分量は確保しておけということだ。「どうせ自分の体力なんてこんなもの」と個体自身が決めつけてしまうと、タンパク質代謝もそれなりのプログラムで固定されるのではないか。そのプログラムを書き換えたいと思ったなら、どうすればよいのか。