小笠原です。昨日つぶやいた中で「手書きのノートがうまくいってる」からブログも手入れしようと思ったと書きました。その手書きノートを紹介してみます。題して「2017年わたしの手書きノート術」です。

といっても、ほんのさわりだけ。追い追い書けたらと思います。

ノートのかたち

見た目やかたちからわたしのノートを紹介しますと。サイズや綴じ方いろいろなのを使って、まあ雑多な感じでこの年初からやり始めました。

雑多にできているのは自分としてはリーフ式をメインに採用したからと思っているのですが、糸かがりノートでもできるなと思います。要するに自分で決めてどこを取るのかでした。

なので、手元とデスク周りにはリーフスタイルのサイズ違いが、A4・B5・A5・B6・A6、それにメモサイズまで全てあります。これらをそのメリットごとに使い分けています。それが可能になるやり方でノートをすることになりました(しました)。

もちろん綴じノートを使った「一冊主義」も検討してみましたが、わたしのメモのクセや仕事の態様からしてうまくできないと判断して採用しませんでした。というか自然にリーフ式になるよな〜それをうまく回すにはどうしたらいいか?と考えていたら年末にふとしたきっかけでひらめきました。

仕事納めから年末年始って、こういうことがよく起こります。「休み」は大事ですね。

なお、今回の「リーフ式」とは、学生時代から慣れ親しんだいわゆる「ルーズリーフ」と呼ばれるJIS規格のものではなくて、ダブルリングノートで採用されている穴数のものです。同じサイズの紙に空いてる穴の数と位置が違っていて、どうやらこちらの方が国際標準らしいです。

「認知判断行動ノート」

振り返るとこの「ノートを手で書くシリーズ」は、去年の年初に少し手をつけていたのでした。雑誌で見かけたA4方眼紙で考えごとをしていく「方眼ノート」のやり方が気になっていたところ、ある心理職の方との会話でひらめいて「認知判断行動ノート」と名付けて時々書いていたものです。

こんなやつです。

今のように手元において四六時中「書いてる」ものではありませんでしたが「これについて頭を整理しようか」「今度のブログ投稿はこんな内容にしようか」と考えたとき、また読書をしながら、この「認知判断行動ノート」を書いていました。

この方眼ノートをオリジナルで提唱している方は「外資系コンサルタントは皆やっているノートだ」といっているのですが、わたしには「外資系コンサルタント」のがどんなお仕事なのか、なぜこのノート法なのか想像もできません。

[amazonjs asin=”4761270373” locale=”JP” title=”図解 頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?”]

ところが、ある機会に心理職の方から「認知・判断・行動」という言葉について教えていただいたときに、これがぴったりハマると気づいて、わたしのオリジナルなネーミングとして「認知判断行動ノート」と名付けました。

もっともこう呼ぶのは長いので、元々のオリジナルの方の短い呼び名で、単に「コンサルノート」と呼ぶこともあります。

「手書きの力」を見直してみる

昨日のつぶやきでも、この投稿の最初でも「手書きのノートを始めた」と書きましたが、そもそもノートは手書きが当たり前で育った世代なので、可笑しいなと思いながら書いています。

1990年代後半からパソコンを持つようになりキーボードで文字を入力し、2010年からはスマートフォンでフリック入力するようになった間、圧倒的に「手で文字を書く」ということをしなくなりました。

メモの際に、以前まで書けていた漢字が出てこずにカタカナで書いてしまうとか、ブログ記事を作ろうと思っても思考が繋がっていかなくて文章にならない、文章にするのがすごく億劫、と感じるようになっていました。

40代以降の方そう思われませんか?

「これ、きっと手書きが少ないからなんじゃないか?」と感じてはいたのですが、どうしても「いやいや、これからはもっとデジタルでしょ」って思い込みが強いままだったのです。

こうやってブログやSNSで読んでもらうにはデジタルテキストになるんですが、そのベースになるメモやつぶやき、そこで自分が頭でしている意識のしごとはやはり紙の上でペンを使ってというのがいいなあと。

そう薄々感じていて、去年も少し取り掛かっていた「手書きで考える」について2017年はもう一歩進めてみようかなというところです。

思えば行政書士業務でも「紙ベースで見ていって最後は印鑑」な仕事がほとんどで、それにもそれなりの理由があったわけです。

「手書きの力」についてまたここに書いてみたいと思います。