これからこのブログを毎日更新しようと思う。少なくとも更新しようとする、なんらか言葉のつながりを書いていき、情報価値あるエントリーにするのを毎日試みたい。

筋トレのように「ブログ更新○○日間チャレンジ」としてノルマ的にやってもいいかもしれないが、いまこれについてはノルマと思うと逆にやらない症候群が出てくる気がするので、一週間のレビューで振り返り項目とするだけにしよう。

ブログを立ち上げて運営に着手したはずなのになぜだか書けない書かない症候群には、もう飽き飽きするほどつきあった(笑)。

つきあったどころか取り憑かれてさえいたと言える。そのことも含めて「こうこう、こういう心理が出てきて書けないんだよね」という話も書いてみると、これからブログを始めたい、始めたばかりという人に参考になり読まれるかもしれない。

例えば、ブログを立ち上げて最初のエントリーを書こうとして「あれ?です・ます遣いにしようか、であるにしようか迷ってしまう」なんてこともあるものだ。

ブログ読者の立場ではどちら遣いで書かれたブログでも読んでいるのに、どうも自分が書くものとなると気になってしまうということもあると思う。普段のおしゃべりは気にせず声を出しているのに、録音した自分の声を再生すると「なんだこの声は?」と驚いて、こんな声で人に伝わっているのかと思うとイヤになるのとよく似ているだろう。

これを書きながらもそうなっているが、上から下にテキストをシンプルに書き下していくのが最近の文章作りのコツになっている。たいていは「である遣い」で書く方がスムーズだ。

あらかじめ下書きもしないし骨子のメモもつくらない。解説もののエントリーだと必要事項を忘れないように骨子を作った方がいいかもしれないが、毎日更新し続けることに絞ってやってみようということなら、ステップをもうけないで単純に文章をつくっていくやり方がよいと思う。

単純にとは、なるべく同じ環境で、文字修飾は考えず、ブログで効果的なリンクや画像もひとまずはおいておくなど、要するに単純にテキストをポコポコと打っていくということだ。

ブログだからカテゴリ分けやタグなど多機能で便利なコンテンツにできるわけだが、あえてそこを抑える。テキストを上から下に書いていく。流れていくとコンテンツが充実してくる。読みやすく見出しをつけたりリンクを張ったりはあとから付与してもよい。

ちょこっとTwitterみたいにブログにつぶやいておくか、くらいで書き始めて1千字や2千字になっちゃったという展開が毎日更新できるカタチなのではないだろうか。もちろんそれも、その形にこだわるとまた書けなくなったりもするだろう。

この感じで進めるなら、エントリーしたいキーワードや商品サービスが先に決まっているアフィリエイト記事なんかはとうてい難しいだろう。ここ個人公式では書かないけれど。

なにか書き始めないと話がはじまらないじゃないか、という意識で取りかかってみようと思う。