糖質摂取で4キロ激増したので数日で元に戻そう

体重が4キロ激増。ギリギリ70キロ台に乗っていた。最近はハッキリと足が浮腫むようになった。以前からそうだったのかも知れないけど、向こう脛を押すと低反発まくらのような痕ができる。

東京からのご来客があり、2日の夜はうちの糖質制限食(高タンパク=肉料理)を試してもらい、これから家族で試してみるとのことだった。ご家族にうつ経験者がおられるとのこと、藤川先生の本も紹介。

3日の昼はぜひ紹介したかったのと、うちでも「久しぶりに食べるか!」となってキング軒の汁なし担々麺。その後、散策途中で新しくなったモスバーガーを丸1個。

体重激増の要因はこれだ。わかっているなら対策である。

もちろん浮腫と体重増の原因である糖質を完全シャットアウト。細かく気をつけて糖質ゼロですごす。普段から糖質ゼロ方針でやってるから、まあ普段に戻せば良い。ただし、きっと糖質摂取由来の低血糖が「空腹感」となって襲ってくるので、ふらっと食べたくなるのを予測して気づいて、ついつい食べを抑止すること。

そして積極的に、高タンパク、Bを意識したビタミン摂取、完全ミネラル塩での水分補給。運動については瞬間的に強度をあげても効果がないと想定して、いつも通りに考える。

 

4キロの激増分は、ほとんど水分なので、それが排出されれば体重については66キロ台に戻るだろう。数日から最大で1週間の見込み。ただ、糖質由来の空腹感(=低血糖)や身体の重さ、気分への影響はもっと続くかもしれないので経過観察。

先月頭の上京時にも、しっかりデザートまでいただく会食をしている。月1回の糖質を大量摂取(世間的には普通だろう)するのは、その後の生理的回復修復期間も必要で、意外に忙しいと感じる。

手足が浮腫むのは、糖質の摂り過ぎと低タンパク症状。足のぼわーんとした感覚や身体が重い感じと、排出の仕方ももっと覚えていこう。

しっかし、美味かった〜〜!!

保存保存

The following two tabs change content below.

小笠原 亨

広島市南区宇品の行政書士です。みなさまと共に価値を産み育てます。「能動的に代謝しよう!〜小笠原亨の公式メールマガジン」を配信中。こちらから登録できます。 Twitter / Facebook / Google+ / Medium にもいます。