約1年余り前から「完全ミネラル塩」を手作りしています。我が家で自家消費しつつ、お会いする方にもお分けしています。

倉橋町鹿島で採水した海水を、キッチンで加熱して食事で使える「塩」にしたものです。これまで1年余にわたり、お渡しして来た方も増えて来ましたので、なぜ完全ミネラル塩を作っているのか、を書いておきます。

ひとことで言うと、完全なミネラルを摂取することで健康になる、健康のための栄養摂取がわかるようになる、からです。

https://gyazo.com/f0e932d0b01f09031198bd72ea88bd70

完全ミネラル塩を始めたきっかけ

2017年の1月頃、山口県大島の海水で作った塩のお裾分けをいただきました。少しパールがかった色をしていて、見た目サラサラとしていなくていくつか固まりがゴロゴロしているようなお塩。舐めてみると甘みと苦みを同時に感じる、まさに海水が濃縮したそのままの味が美味しい。

海の駅のマルシェに出店している衣類販売の露店で、灯油ストーブの天板に鍋を置いて塩を作りながら、商品お買い上げのオマケで配っていたのもの、とのことでした。

実際に自作してみてからは「お塩を作る手間ひまって、オマケどころじゃないんじゃない?」と感じるところですが、採水は別として、露店の寒さ対策でストーブの天板が空いているなら、客待ち中に作ってしまえる、ということなのでしょう。

それにしても衣類を売りながら「これオマケにどうぞ」がお塩だなんてステキすぎました。

https://gyazo.com/60312891bebef78f25b63014705d9bf1

やたら美味いお塩

そのまま焼肉やお刺身のつけ塩としていただいたら、あっという間になくなりましたが、やたら美味いと感じるお塩との出会いはこの時だけではなかったのを思い出しました。

2011年頃だったか、燻製作りのレッスンをされている方からお塩を試供いただき、釣ってきたクロダイ(チヌ)をそのまま塩焼きで食べたときのパワー感に驚いたことがあったのです。

https://gyazo.com/25286104d46c6c8244e3d670008712a2

「いいお塩で調理すると何か通常とは違うことが起こってんじゃないか?」

と、何度か商品を通販でリピートして届けてもらっていました。市販のテーブルで使う一味唐辛子の瓶くらいの量で700円あまりくらいだったでしょうか。その頃は「いいお値段つけてるな」と思いつつ「何かわからないけど普通の塩とは全然わけが違う」と感じていました。

ミネラルの積極的摂取

しかし、普段使いのお塩を全てこれほど「高価格」なものにするのは無理があります。梅や味噌を漬けるとお塩だけで何千円スタートになっちゃう(もっと高額?)。スーパーに並んでいるお塩から一番安いサラサラの「食塩」は避けるくらいで、少し「にがり」が残してあるシットリしたお塩を選んで、ときどき気が向いたらフランス産のゲランドとかがキッチンにあるくらいで、その後の「お塩」の探求は止まっていました。

冒頭の山口県大島で採れた海水からできた「お塩」をいただいたのは、そんな頃。同時に、Facebookのグループにメガビタミングループが立ち上がって、高タンパク食を前提にビタミンやミネラルをメガ摂取(理論的には本人の今の状態にとって必要量を満たすまで高容量摂取)する情報発信が始まっていて、それを読んでいた頃でもありました。

メガビタミングループでは、各種ミネラルについてサプリメントを使う実践が前面に出てくるのですが、ふと「海水からそのまま作ったお塩がやたら美味しいのは、必要なミネラルが全部揃っているからでは?」と思うようになりました。

「どのミネラルを1日何mg摂るの?」とか細かい詮索になりがちなサプリメント摂取の前に「全てのミネラルが揃っている」お塩を毎日の食事で美味しくいただくことを日常に据える。毎日続けられるのは栄養摂取の鉄板原則です。

肌に浴びる日照が極端に減る冬季でもありましたし、子ども時分から魚釣りでよく通った海に再び足を運ぶ理由にもなりますので、自分で海水を汲みに行き、衣類露店屋さんのように仕事の傍らのんびり煮詰めて蒸発させて、お塩を作ってみようか、と思い至ったわけです。

「完全ミネラル塩」を受け取っていただいた皆様へ

約1年余前に、完全ミネラル塩を始めたきっかけはこんな感じでした。手作りストーリーだけでなく、最新の栄養実践情報から影響を受けています。この完全ミネラル塩が「美味しい」と感じたあなたの感覚をぜひ信じて下さい。

https://gyazo.com/7223ef0ab12b95cefc08422c5a7e0740

以下では、少し気になられるかも知れない点をご説明しておきます。

採水した海水にはどうしても海藻クズや砂等のゴミが混入しますので、キッチンペーパーやコーヒーフィルタを何度か通し、取り除いています。目に見えるレベルのゴミのご心配はクリアできています。

逆に析出過程で結晶化するカルシウム始め様々なミネラルを途中で除去していません。倉橋町鹿島の海水そのままの完全なミネラル分を残しています。

このお塩を味わった際の「やたら美味い」と感じる根拠は、全てのミネラルが揃っていて、いまのあなたにとって必要なものが入ってきたという合図になります。

スーパーで一番安い価格で買えるサラサラの「食塩」を舐めたときの「ちょっとキツい」感覚とぜひ比べてみて下さい。

もちろん、皆さんよくご存知の「にがり」成分もそのままです。ただしこのことにより完全ミネラル塩は扱いづらさも伴ったものです。

「にがり」は大気中の水分を引き寄せ、お塩を「しっとり・べっとり」させる作用があるからです。また「にがり」のマグネシウムはタンパク質を凝固させる作用を持つのでお肉の下味付け・シーズニングは向いていないかも知れません。

塩自体も固まりやすいので、もしもっと水分を飛ばしたくなった際は、ゆっくり加熱しながら、固まらないように混ぜながら、ゆっくり水分を蒸発させてください。

むしろ、歴史的にお塩にサラサラの扱いやすさを見いだしたことがミネラル摂取の敗北だったと言えます。

完全ミネラル塩がおススメなのは、お刺身・お造りのつけ塩、焼肉のつけ塩、ゆで卵のつけ塩、出汁スープの味付け、お漬物、レモン・塩ドリンクなどです。

https://gyazo.com/5c5b14609bfc4c8b1ed8608e1feb5267

https://gyazo.com/3410a397f6d49941601dccd5638e0e17

https://gyazo.com/2f33e8847d072bab400915499a270d7c

このお塩の販売はやっていません。わたしが食事・栄養について直接お話しさせていただけた方で、完全ミネラル塩の趣旨をお伝えできる場合にのみお渡ししているものです。

https://gyazo.com/f0e932d0b01f09031198bd72ea88bd70

「美味しくて健康」な効果や、なぜ効果があるのかについても追って紹介したいと思いますが、根本において現在のマーケットに乗らないからこそという側面があります。だから「売る」ことはできません。