体重が落ちにくいままお盆休みに突入

前回の投稿で「4キロ増量したから数日か一週間で落とそう」と書いてから、10日以上経過してしまった。いまだに平常時の66-67キロあたりに戻っていない。

どうも身体が「陰」に入っていて水分を溜め込んだままになっているようだ。もっとも運動をある程度したり食事を気をつけているから1キロと少しくらいは減少した。しかし増えた分の4キロをストン!と落とすことにはならなかった。 “体重が落ちにくいままお盆休みに突入” の続きを読む

【動的平衡思想】栄養素還元主義に陥らないこと

7時29分よりランニング南3キロコースへ。ジョギングすると左膝に違和感あり。昨日歩いている際にも感じたがまだひいてなかったので、ほとんどウォーキングとなってしまった。ジョギングからダッシュのスピードではいかにもバランスが崩れているのがわかった。

汗をかくのが気持ちよく調子も上々と感じたため距離を3キロに伸ばし、しかも連日出走してきた。その負荷が左膝に出ているんじゃないだろうか。1日おきにしたり、毎日にしてもほぼほぼ歩きだけで続けるとか。 “【動的平衡思想】栄養素還元主義に陥らないこと” の続きを読む

考え方だけで血糖値が爆上げ

糖質を摂っていないのに考えたことだけで血糖値が急上昇することについて、高橋純一先生がFB投稿しておられた。この話しは、もう2年くらい前に朝の夫婦ゲンカのエピソードで聞いていた。健康診断の日の朝に旦那さんと激しくケンカをして出勤、健康診断を終えて職場に戻ったら「血糖値がたいへんなことになっているのですぐに来て下さい」と言われた女性のFB投稿をみたときに気づいた。

今回、高橋純一先生は血糖値測定器を装着されて講演に臨まれた際に、血糖値が激しく上がったようだ。血糖値測定器で常時血糖値を測定できるようになると、いろいろなことが分かってくるだろう。多くの人に「血糖値の急上昇は糖質摂取だけではない」というデータの裏付けをもって積み重なっていくことだろう。糖質を制限するのと同じように、普段の考え方やその場の状況の捉え方を血糖値が大きく変動しないようコントロールしていこうという取り組みが起こってくる。瞑想やマインドフルネスはこの「考え方だけで血糖値爆上げ」に対する処方の一つだと思う。

ビタミンD不足は「もっと外でワイルドに過ごしなさい」というお達し

先日、体内の鉄貯蔵量である「フェリチン|という値を知りたくて血液検査を受けたのですけれど、フェリチンはまあまあだったもののビタミンDが「意外に低いですね」となった話の続きです。一般的な参考値として20以上とされているところ、14だったという。

「意外に」というのは検査していただいた伊藤内科医院の伊藤欣朗先生曰く。わたしがわりと日焼けしてそうな浅黒い顔をしているので「日照不足だったとは」という話なんですが。どんな顔してるんだよ話見えねえよ?ということであればさらしているこちらをご覧くださいませ(笑)。
“ビタミンD不足は「もっと外でワイルドに過ごしなさい」というお達し” の続きを読む

血液検査でフェリチン値を測定「小笠原さんがこの低さって、意外でした」

血液検査に行ってきました。どこも病気でも体調の悪い自覚もありませんが今回は「フェリチン」の値が知りたかったからです。

普段の食事養生はうまくいっているのかなど毎年の健康診断がわりではあります。自営業をしているとついついほったらかしにしがちですし。

ただ、最近わたしの周りでは「フェリチンを測ってみて自分はどれくらいだった」とおっしゃる方が増えてきたのです。「フェリチン」はいま糖質制限食、MEC食、ケトジェニック食など食事で養生にとりくんでおられる方々の中で熱いキーワードとなっているのですよ。

その「フェリチン」とは何か?
“血液検査でフェリチン値を測定「小笠原さんがこの低さって、意外でした」” の続きを読む