悪いクセ

体調がいいと感じると「まだまだ」と粘って仕事をしてしまったり深夜遅くまで起きていてしまう。翌朝にアポがないときはまあいいかとやっているが、月単位でならすと調子を悪くさせる原因なのはよく分かっている。 “悪いクセ” の続きを読む

筋トレは趣味のように

6時起床。カレンダー上はウィークデーだからか起き抜けに少し緊張感を感じた。もっとも最近の筋トレシリーズがよいのか「身体に支えられてる感」がある。筋トレは、ダンベルと腕立て腹筋をアットランダムに「趣味のように」入れているもの。ノルマにしないのが調子よい。▼毎年のことながら溜まってしまう仕事もあるので片付けていこう。一気に終わるものは終わらせる。コツコツと続けるものはコツコツとやる。

「認知」→「判断」→「行動」

6時過ぎ起床。新聞をとりにポストまで素足で。昨夜は実家で食事にて、一般的な糖質食で〆にカレーライスもいただいた。あまりむくみを感じないのは自宅まで中程度のランをして、ダンベルや腕立て伏せと無酸素系の運動で糖を消費したからか。しかししばらく(一週間程度)警戒は必要だろう。

知的障害者支援やメンタルヘルスのカウンセリングで、「認知」→「判断」→「行動」とよく言う。人間行動の根本を指摘しているもので、健常者やビジネスマンにも当てはまり、これにもとづいたノート(シート)づくりを紹介した雑誌もあった。

「認知」→「判断」→「行動」は、いわゆるPDCAサイクルにも現れている。プランが認知、ドゥとチェックが判断、アクションが行動と言ってよかろう。

これらは、主体自らが行うものであり、他人から押しつけられたとなると認知も判断もゆがんでしまう。組織的に活用するなら「共同作業」性を確保しなければならないだろう。

仕事の半分は「片付け」である。片付けはいわゆる整理整頓の意味にとどまらない。単に「部屋をキレイにする」ことが目標であれば、自分はきたなくても平気だということで「片付け」をしない選択肢もとりうる。▼ひとり仕事のフリーランスだけでなく同僚や上司からやかましく言われていてもデスク周りが片付かない人のほとんどはこれだろう。キレイかどうかは主観的だからである。▼これが、片付けをとおして「これまでを振り返る」や「見直してみる」であればどうだろうか。次のステップへの根拠は現在の受け止めと分析からしか生まれない。現在のわが仕事の成果(結果)を振り返り見直すことが「片付け」には含まれるはずで、それに取り組まないということは次のステップさえ見えないままということになる。そこを外さずに仕事の半分は片付けの意識で取り組むことで、結果的に「キレイに片付いているね」と評価されるだけのことである。▼他人から「キレイにしなさい」と言われていやがっているのは、わが振り返りが苦手な人ではなかろうか。

「効率よく」やろうとして、一つの行程にいくつも重ねようとすると動きが悪くなる。例えば、郵便局にいくのに「ついでに」と思い、そのついでの準備が必要になるなど。こんな時は時間で切っていく。行って帰って30分と区切れば他に「ついで」を入れようがなくなる。あれこれと付加させないで一つ一つ終わらせる。

能動性を引き出しながら生きるのが代謝の活性化になる。能動性の源は目の前の現実を見ること。

7時起床。前夜の残りのチャーシューを3枚食べ、バターコーヒー。身体お越しの運動は「四股(しこ)」。玄関を出て冷たいコンクリートの上で踏んでみたら、久しぶりだからかバランスが取りづらくフラフラした。その後キッチンに戻るとフロアの床が暖かく感じた。▼「めんどくさい」気持ちのほとんどは考え過ぎとの記事。たしかにそうだ。目の前に必要性としてあるのに許容量がオーバーしてしまう感覚。向き合って対応を絞り込むと「めんどう」でなくなる。ここでも主体的に選び取る判断が働いている。▼一つ一つに集中するのをスケジューリングは助けてくれる。管理しなければと思うと「めんどう」になるが、目前に向き合うときには支えになるスキルだ。今日と一週間先くらいまで書けるものは書いてみる。当初予定がずれていくのを見つめる。▼「めんどくさい」がなくなる本