Scrapbox 始めました。クラウドでメモを書きタグを打つだけのフラット整理が素晴らしすぎる。

塩澤一洋さんのMedium投稿で見かけてさっそくScrapboxを試してみました。

5116–170326 2017年度ゼミの文章作成共有環境は #WorkFlowy から #Scrapbox へ

shio こと塩澤一洋さんは2017年度から学生への司法試験の答案指導を Scrapbox でされるとのこと。これまでも答案指導はWorkFlowyというクラウドのアウトラインエディタ(アウトライナー)を使ってされていたよう。

“Scrapbox 始めました。クラウドでメモを書きタグを打つだけのフラット整理が素晴らしすぎる。” の続きを読む

人間は手を動かすことでアイデアを思いつく

ここに人間についての不思議なひとつの問題がおこってくる。すなわち人間は手を動かすことによって、新しいアイデアを思いつく。

このことは文章化の段階だけでなく、グループ編成の場合にも、A型図解の場合にも同様におこることである。たんに頭で考えるだけでなく、手を動かして作業をするということが、アイデアの触発にたいしてひじょうにプラスに働くものである。

そこで私はすでに「考えるといっても、理性で考えるというのと、情念で考えるというのがある」と述べたが、さらにもうひとつ「手で考える」という、不可思議な作用をつけ加えないわけにはいかない。

手で考えるなどということは、生理学的にあるいは心理学的にどう説明してよいのか、私にはわからない。しかし実行してみて、これはあきらかに、アイデアのつくりだしに有益に作用する。

「続・発想法~KJ法の展開と応用」(川喜田二郎)

 

理性も情念も大事だとすれば、それと同じくらい身体を動かしてみることが「考える」「発想する」ために大事だと言ってる。

思考は身体活動に乗っかって行うと進めやすいのは、血流やホルモンの分泌からしてもそうだろう。

1970年出版当時は「生理学的にあるいは心理学的に」説明がつかなかったとしても、もう50年を経ようとしているいまは説明がつくようになっているのではないだろうか。

2016年芥川賞受賞者の村田沙耶香氏もこう言っている。

パソコンの前よりもコンビニのレジを打っている時にアイデアが浮かんでくる

WordPress の2017年デフォルトテーマ「Twenty seventeen」を適用

本ブログに、WordPress の2017年デフォルトテーマ「Twenty seventeen」を適用(2017.2.7頃より)。発表があった際にはあまりインパクトを感じなかったが「ビジネス用途に」とアピールしてあるのをみて意外に感じたり、少し使ってみてサクサクと軽い動きを確認。テキスト領域が美しいというか機能的なのがビズネス用途推しのよう。スマートフォンサイズはスッキリ表示され、PCサイズはクールな見栄えがする。

気になったのは「Twenty seventeen」では、投稿フォーマットの設定から「ステータス」が除かれて配布されていること。これまでステータスとして投稿したものについてはエディタに表示される。まあコードを書き加えれば新規でもステータスを出せるのだが。実際に、投稿フォーマットを使ってみて「140字程度のつぶやき」で収まることはあまりなく、つぶやくつもりでも、たいがい200字以上書いている(これもそう)。開発者も、140字では収まらないよねメモ的な位置づけならアサイドを使ってね、というメッセージか。

日曜日。目覚めは7時すぎ。昨晩は夜更かしをしてしまった。最近深夜に食欲がわくことがあるので要注意。▼昨日は呉のカンフー練習に向かう際に珍しいくらい長い渋滞に巻き込まれた。かなり先の方で事故があり片側交互通行規制がされていたようだ。事故の情報はカーナビに配信されるのを知らず、渋滞が始まったところでUターンしていく車が不思議だった。しかし、交通事故は当事者だけでなく、渋滞を引き起こして時間のロス、急いで迂回するためにかかる高速道路料金などの被害を広げている。▼練習に届けてモスバーガーに陣取った。街を知らないから、さくっと入れるカフェが少ない。駐車場つきのスタバなんかを探すからだろう。コクヨのラボノートを広げて横長に使う「5分割方眼ノート」で調子よく来週の準備ができた。検討すべき対象→迷い悩みと判断→打つべき手 と3分割で横に流れていくのは改めて理にかなっていると思う。ノート活用の中心になる方法なのでブログで紹介エントリーを書いてみよう。コンサルノートのトレースではあるが。