健康と活力の源泉は?

健康的な活力は、どこからわき上がってくるんだろうか。それとも自ら絞り出すものだろうか。絞り出す力も前もって必要なのだろうか。活力に満ちていて健康でいられるのは、自分の外から来ていると思っている。ただし、それを我が身に取り入れてエネルギーとできるのは、自分の意思と学習と努力であると考える。ログをとり学んで行動すること。外の活力を我が身に取り入れまた外界に働きかけることができる。食べ物をとって栄養とし生きていくのと同じなはず。

悪いクセ

体調がいいと感じると「まだまだ」と粘って仕事をしてしまったり深夜遅くまで起きていてしまう。翌朝にアポがないときはまあいいかとやっているが、月単位でならすと調子を悪くさせる原因なのはよく分かっている。 “悪いクセ” の続きを読む

筋トレは趣味のように

6時起床。カレンダー上はウィークデーだからか起き抜けに少し緊張感を感じた。もっとも最近の筋トレシリーズがよいのか「身体に支えられてる感」がある。筋トレは、ダンベルと腕立て腹筋をアットランダムに「趣味のように」入れているもの。ノルマにしないのが調子よい。▼毎年のことながら溜まってしまう仕事もあるので片付けていこう。一気に終わるものは終わらせる。コツコツと続けるものはコツコツとやる。

ストレッチも筋トレも、一方の筋肉の緊張と対抗する筋肉の弛緩

5時半起床し、河川敷へ。北からの風が強かった。潮位が干潟の上で膝から腿。大型のチヌを5〜6尾見かけた。どの時期からトップに反応するのだろうか。目覚まし時間に潮位のほどよい頃を調べてみよう。

身体を少しずつほぐしていく。股関節や肩甲骨はじめ可動域を徐々に大きくしながら今日の調子が良さそうかどれくらいいけそうか一日のイメージがわいてくる。ストレッチも筋トレも、一方の筋肉の緊張と対抗する筋肉の弛緩である。腹筋中に背中から腰にかけてのリラックスを意識する。

毎日を「幸せ」と身体で実感して始め終えること。仕事とお客さんに正面から向き合い、ステップごとに成果をつくりながら、それを報酬へと結実させる。