梅雨明けの朝ランで汗だくになり気づいたこと

2017年の梅雨が明けた。と同時に朝起き抜けにランニングに出たくなったので、朝のノートタイムをキャンセルしていつもの河川敷2キロに出てみた。

すると、よく言われる「汗をかいたら水分補給が必要」ということに、少し違った視点を得られたので書いてみよう。

いつものように栄養代謝の話になるけど、糖質制限それもゼロに近いことが大前提。

ランニングは河川敷2キロになっている。自宅前から南北どちらかを行く。行って帰りやすく習慣化しやすいから。

ずっと同じペースでは走っていない。歩いたり、ゆっくりから中程度まで速度をあげたり、ときにはダッシュしたり。身体にパキパキ感を覚えているときは体操や動的なストレッチをしながら歩いている感じにもなる。

今朝はランニングが久しぶりだったので、走るとたしか気持ちよかったよな?という気分で行って帰ってきて、クローバーの茂っている草のところで裸足になって数分間「大地と繋がって」戻った。

今朝のランニング内容は以上。

冒頭に書いた気づきはその後に起こった。汗が気持ちよく出続けるのだ。まさに梅雨明けと同時に「夏の発汗」が到来である。こんなに気分がいいなんて毎日これをしたい。

のどが渇く感じは強くない。コーヒーをいつものホットでちびちびと飲みながらソーシャルの投稿をチェックしていたら「夏の発汗で水分が失われるから熱中症対策で積極的に水分補給をしよう」というのを目にした。

常識的にはまさにそうだと思う。自分も夏の昼間に思わず脱水になっていたと、水を飲んで気分が回復してから気づくことがよくある。

前置きが長くなったが、問題はここからである。「汗をかく発汗するのは体温調節のため」と言われるが、果たしてそれだけが目的だろうか?

つまり今朝の実感に照らして疑問を立てると、朝ランニングに行って帰ってきて汗がだくだく出続けなんとも気持ちよく楽な気分になったのだが、それは「体温調節がされたから」だろうか?という点である。

自分の中では(つまり能動的な代謝論では)、気分がよいことイコール、ホルモン分泌であり、ストレスの解消である。

ストレスが解消され、それであんたの行動はオッケーだったよと報酬ホルモンがお出ましになるのがランニング時の「発汗」なのではないだろうか。

もちろん筋肉を動かしたり肺活量が増えたりした運動による効果でもある。が、発汗に「体温調節」機能だけを見いだすのは狭すぎる可能性があるのではなかろうか?ということである。

そのひとつの示唆が以前からぼんやりとした疑問であった次の点である。

それは「体温調節のための発汗で、ミネラルも同時に排出される」という言われ方。「だから不足しないように積極的にミネラルを摂ろう」という呼びかけとセットである。

不思議ではないだろうか。いま糖質制限食を起点として栄養摂取の重要性がクローズアップされてきていて、なかでもミネラルの不足と積極的な摂取が強調されている。

ではなぜ、そんなに重要なはずのミネラルを、人間の身体は「体温調節のため」といって、どんどん放出していくのだろうか。

まことにもったいなく不都合なことである。

思うに、人間にとって不都合でマイナスに見える自然現象は、肯定的なある側面を見落としていたからマイナスで不都合に見えた、ということはいくらでもある。

とすると、発汗と水分ミネラル排出にもそれが起こっている可能性はないだろうか。

そこで、発汗とミネラル放出について、こうは考えられないだろうか。

ミネラルを放出することで体温が上がった身体に起こっているなんからの負荷を放出している、と。

例えば、ミネラルとは身体の中では電荷のやりとりに関与するものであるから、なんらかの体内に生じた負荷を、電気的に解決する役割を帯びて、発汗時に放出されているのではないか?

などなど。

身体の実感としては、真夏の朝からランニングに出て汗をかくと気持ちがいい、汗をかいてもストレスを感じない、というもの。

その身体の実感と発汗時のミネラルの放出という現象は相関関係にある、これだけは確実と言って良さそうだ。

こんな着想が来たのは、この本を読んでいたから。

体内で静電気が起こっていて、帯電するとカミナリとなって体内で細胞を攻撃している、病気の原因は体内静電気が「放電されない」ことによる帯電だ、と。

そして、この本では、おしっこや発汗は体内静電気の放電にもなっている、と出てくるのだ。

発汗時のミネラル放出は、体温調節のために水分といっしょに仕方なくされているだけではなく、より積極的な意味合いで、ミネラルを放出することによる放電として行われているとも解釈できないだろうか。

よし、明日もまた走ってみよう。

これを読んでくださった方へのお願いというか提案

(1)夏はしっかり汗をかく、そのためにエアコンに頼りすぎない
(2)海水の構成に近い塩をなめてミネラル補給
(3)夏の間に海辺で裸足ですごす

20170119ラン日記

年初の初ランからすでに12日も経っているのか。と振り返りつつ走ってきた(16:42−17:00)。先週末の大寒波で震え上がったのがランに出る気になったのは暖かく感じたからだろう。気温はスマホアプリで11度(ただし基準は知らない)。折り返してから2本ほど全力ダッシュを入れた▼朝起き抜けに出てみたり、必ずダッシュを入れたりハードルを上げすぎていたかもしれない。ルーティンとして2キロ行って帰るだけなのだから歩いて帰ってきてもいい。アプリを閉じてストレッチをしてもよいのだ。▼「ノルマを決めない」ことで、今日のチャレンジはどこまでできそうか?と臨むことができている。

2017年の初ラン

2017年の初ランに出てみた。先月の忘年会シーズン、そこからの年末年始「休み」の間、何度か目覚めに「ランに行ってみようかな」と気持ちが湧くことはあったが、そのまま前夜の家事の残りから1日を始めることが多かった。

もちろん、寒くてちょっとビビるからである。しかしもう少し身体への負荷を高めていきたい。もっとポカポカとなるはずである。もう上旬も後半になっているが、2017年のランニング開始としてみようと行ってきた。

“2017年の初ラン” の続きを読む

体調が上向きで朝早め。といっても6時ジャストに起床(文字どおり布団から起き上がった時間)。ひんやりとした河川敷に出たら実父と出くわした。チヌの活性が高い。冬季でも5時半起床くらいにしていきたい。今シーズンは山に3回以上上がりたい。▼以前から気づいてはいたが前夜のアルコール量は翌朝への目覚めへの影響が大きい。疲れがたまっていないから少量のお酒(もちろん蒸留酒)で済んでいる面もあるが、そんなときこそ栄養温存のためアルコールは控えるべきである。だいたい食事を始める前にはお腹が空いてしょうがない感じはない。ゆったりと食事を始めてアルコールで勢いが付いていき食べる量も増えている。過食気味や過食衝動になるときはたいてい酒量がマックス近く飲んでいる感じがする。▼ここ2週間以上続けている骨肉スープの調子がよいので今後も継続。鶏ガラは大型スーパーにしか売っていないが週に1〜2度にして作り置きしよう。