梅雨明けの朝ランで汗だくになり気づいたこと

2017年の梅雨が明けた。と同時に朝起き抜けにランニングに出たくなったので、朝のノートタイムをキャンセルしていつもの河川敷2キロに出てみた。

すると、よく言われる「汗をかいたら水分補給が必要」ということに、少し違った視点を得られたので書いてみよう。

いつものように栄養代謝の話になるけど、糖質制限それもゼロに近いことが大前提。

ランニングは河川敷2キロになっている。自宅前から南北どちらかを行く。行って帰りやすく習慣化しやすいから。

ずっと同じペースでは走っていない。歩いたり、ゆっくりから中程度まで速度をあげたり、ときにはダッシュしたり。身体にパキパキ感を覚えているときは体操や動的なストレッチをしながら歩いている感じにもなる。

今朝はランニングが久しぶりだったので、走るとたしか気持ちよかったよな?という気分で行って帰ってきて、クローバーの茂っている草のところで裸足になって数分間「大地と繋がって」戻った。

今朝のランニング内容は以上。

冒頭に書いた気づきはその後に起こった。汗が気持ちよく出続けるのだ。まさに梅雨明けと同時に「夏の発汗」が到来である。こんなに気分がいいなんて毎日これをしたい。

のどが渇く感じは強くない。コーヒーをいつものホットでちびちびと飲みながらソーシャルの投稿をチェックしていたら「夏の発汗で水分が失われるから熱中症対策で積極的に水分補給をしよう」というのを目にした。

常識的にはまさにそうだと思う。自分も夏の昼間に思わず脱水になっていたと、水を飲んで気分が回復してから気づくことがよくある。

前置きが長くなったが、問題はここからである。「汗をかく発汗するのは体温調節のため」と言われるが、果たしてそれだけが目的だろうか?

つまり今朝の実感に照らして疑問を立てると、朝ランニングに行って帰ってきて汗がだくだく出続けなんとも気持ちよく楽な気分になったのだが、それは「体温調節がされたから」だろうか?という点である。

自分の中では(つまり能動的な代謝論では)、気分がよいことイコール、ホルモン分泌であり、ストレスの解消である。

ストレスが解消され、それであんたの行動はオッケーだったよと報酬ホルモンがお出ましになるのがランニング時の「発汗」なのではないだろうか。

もちろん筋肉を動かしたり肺活量が増えたりした運動による効果でもある。が、発汗に「体温調節」機能だけを見いだすのは狭すぎる可能性があるのではなかろうか?ということである。

そのひとつの示唆が以前からぼんやりとした疑問であった次の点である。

それは「体温調節のための発汗で、ミネラルも同時に排出される」という言われ方。「だから不足しないように積極的にミネラルを摂ろう」という呼びかけとセットである。

不思議ではないだろうか。いま糖質制限食を起点として栄養摂取の重要性がクローズアップされてきていて、なかでもミネラルの不足と積極的な摂取が強調されている。

ではなぜ、そんなに重要なはずのミネラルを、人間の身体は「体温調節のため」といって、どんどん放出していくのだろうか。

まことにもったいなく不都合なことである。

思うに、人間にとって不都合でマイナスに見える自然現象は、肯定的なある側面を見落としていたからマイナスで不都合に見えた、ということはいくらでもある。

とすると、発汗と水分ミネラル排出にもそれが起こっている可能性はないだろうか。

そこで、発汗とミネラル放出について、こうは考えられないだろうか。

ミネラルを放出することで体温が上がった身体に起こっているなんからの負荷を放出している、と。

例えば、ミネラルとは身体の中では電荷のやりとりに関与するものであるから、なんらかの体内に生じた負荷を、電気的に解決する役割を帯びて、発汗時に放出されているのではないか?

などなど。

身体の実感としては、真夏の朝からランニングに出て汗をかくと気持ちがいい、汗をかいてもストレスを感じない、というもの。

その身体の実感と発汗時のミネラルの放出という現象は相関関係にある、これだけは確実と言って良さそうだ。

こんな着想が来たのは、この本を読んでいたから。

体内で静電気が起こっていて、帯電するとカミナリとなって体内で細胞を攻撃している、病気の原因は体内静電気が「放電されない」ことによる帯電だ、と。

そして、この本では、おしっこや発汗は体内静電気の放電にもなっている、と出てくるのだ。

発汗時のミネラル放出は、体温調節のために水分といっしょに仕方なくされているだけではなく、より積極的な意味合いで、ミネラルを放出することによる放電として行われているとも解釈できないだろうか。

よし、明日もまた走ってみよう。

これを読んでくださった方へのお願いというか提案

(1)夏はしっかり汗をかく、そのためにエアコンに頼りすぎない
(2)海水の構成に近い塩をなめてミネラル補給
(3)夏の間に海辺で裸足ですごす

【冬の冷え対策】わたしたちは恒温動物なのです。

寒くなってきましたが、防寒対策の方はいかがですか?体温が高い方が仕事も家事もしやすいし、将来的に病気にもなりにくいとも言われていますよね。

手足が冷たい、寒気がする、どうにも暖がとりたくて動きづらいとかありませんか?
“【冬の冷え対策】わたしたちは恒温動物なのです。” の続きを読む

6時過ぎに起床し、最初に外気に出てみた。北風が強く寒気が入っている。ほぐし運動のカンフーはせずに戻ってきた。ハードルをあげないで「外気に触れる」ことだけを実行だ。▼うつやパニックを抱えていると「削ぎ落として一部に集中する」ことができなくなる。余裕を自ら失う循環にはまり込んでしまうのだ。▼一つに集中してみると波及効果というものが必ずある。一つのことがその一つで終わらず、引き出されたパワーで2にも3にもなることもある。そんな変化や進展を信じられなくなるのがメンヘラ状態の特徴だったりする。

再開して数日。筋トレは身体を温めるのにとても効率がよいようだ。短時間の実行で長く効果が続く。筋トレというと「筋破壊と超回復」が言われるがそれにとどまらず、体温が上がり動きやすく、頭も働いて気持ちも前向きになる効果がある。

7時前起床。付近は雪景色になった。中1の頃にまだまだ積もった記憶があるし、大学時代アルバイト中に雪で往生した思い出も蘇り、雪の量では「40年ぶり」といった感じはしなかった。▼プチうつっぽい時は決まって胃のもたれから背中にも凝りや圧迫感を同時に感じる。年末年始からの糖質過多を一度「断糖」にすること、筋トレを入れること、できる範囲でルーチンを回すこと。▼「自然な振る舞いが良いはず」と思って、回数で決めた筋トレをここ数ヶ月入れていなかったが、それでは運動不足となってしまうようだ。確かに、ピラティスやスクワットを継続していたら身体覚醒がスムーズに行われる気がする。▼厳冬期こそ身体が「冬眠モード」に入らないように、「断糖」と運動で、現代的な対応をせざるを得ない。本当は冬眠していたほうが良いのかもしれないがそういうわけにもいかないようだ。

リビングの超速片付けでスタート

ここ数日は早朝の河川敷に出ていない。やはり寒波は厳しい。リビングの超速片付けでスタートするが、全般的に疲れが溜まっていたようで一日の効率も成果もよくなかった。

朝イチで申請サイトが稼働する前からオンライン登記申請の入力を始め8:30のスタートに丁度間に合った。番号を一つ一つ確認して検索ミスの起こらないようにする。申請用のPCには親指シフト環境を設定していないのでローマ字入力となるが、なんでもない。しっかり切り替わるものだ。

久しぶりに腕立て伏せをしてみると20回がきつく感じて、休養モードだったとわかる。動かしていきたいと感じ、動かしてみると調子が乗っていく時は十分に休養(と栄養)が摂れている。