🌚

能動的に代謝しよう

裸足感覚シューズのビブラム・ファイブ・フィンガーズをリピートした際にサイズ選びで2回失敗

— 2018年5月26日

2年間余り毎日履き続けて破れていた裸足感覚シューズ。結局一番長く頻繁に履いていたビブラム・ファイブ・フィンガーズの同モデル同カラーをリピート。サイズをひとつ間違ってしまい交換に出すと即行で発送してもらえた。

https://gyazo.com/d09b358a5c7b98f9f3788f15fce6426b

サイズ違い発注、実は2回目。ちょうど1年くらい前に同モデルでカラー違いで発注して届いていた。ところが履いてみると「これは小さい」。このまま履くかどうするか迷ったまま数ヶ月が過ぎてしまって、自分よりひとサイズ小さい父親に譲ろうかと思ったが、どうやらペッタンコ系の格安シューズをもっていっても履いていない様子で。

いまさら習慣を変えてみようとか難しいのかもしれない。クッションの厚いシューズから裸足感覚・ベアフット系のシューズに変えると、どうしても一時的に筋肉痛や凝りなどは出るだろうと思う。

数ヶ月前に、そういえばとサイズを聞いて試し履きしていただいた方がぴったりだったので、半額で引き取ってもらっていた。やはり、ふくらはぎの張りが一時的に出たそうだったが、いまはランニングもビブラム・ファイブ・フィンガーズ(以下VFFと略す)で走れているそうだ。

https://gyazo.com/d9cb4072d8b212cfe0803f3514406566

きっと血圧も安定して体温が底上げされると思う。冬でもVFF履いてノーソックスでも過ごせるかもしれない。

https://gyazo.com/a488bf9d17172686fef110d66e446cc3

さて、1回目のサイズ違いの原因。同じモデルのサイズ展開が前回購入時から変わってしまっていたのをよく注意していなかった。「たしかこれだったよな」でポチったため。

その後「次はVFFでなくてもいいかもなー」と別の裸足感覚・ベアフットシューズを検討。しかしなかなか決まらず(この投稿)、いい加減雨天時にダイレクトに雨水が浸みてくるようになったので、今回のタイミングで購入となった。ほぼ毎日履いて3年近く履けたのでソールの耐久性はかなり高いとわかったから。

カラーも何も考えずに(気分は上がらないかもしれないが)履ける同カラー。ところが届いてみるとまだ「ちょっと小さいかも???」だった。1回目のサイズより1つ大きくしたのに、それでも小さいとは。

https://gyazo.com/a4555eef30b746d77e82317461ce8e53

それでようやく日本の輸入代理店のサイトをよーく読んだら、「小さめに作ってあるので,ひとまわり大きいサイズをお選びください」と推奨されるスモールサイズモデルに分類されているではないの。

サイズ選びのページをよく読んだところ、こう解説があった。

  • まず自分の足のサイズを測り、
  • その数字に0.7-1.0センチメートルを加え、
  • その値が当てはまるサイズを表で確認したら、
  • スモールサイズモデルについてはワンサイズ大きいものを選ぶように、

と。

ここらの込み入った説明が目には入っていた気がするけど、何年も快適に履いてきたぴったりのモデルだったことから「あれでいいでしょ」とばかりにスモールサイズモデル展開かどうかを注意深く見ていなかった。うまくいった経験からの思い込みがあり重要な情報を(目に触れているのに)読み落としていた、という。

やはり、あまり手間や面倒をかけずに、何も考えずに、毎日履きたい、と思っていたもんだからこうなった。サイズ確認を怠りついでの手間ヒマである。ショップ推奨のとおりのサイズで履たるかと決めた。

サイズ交換は電話では受け付けておらず申し込みページから連絡とのこと。ページに書かれた交換条件の解説も確認して、メールに確認したことも書いて申し込むと、すぐに返信あり。指示にしたがって翌朝クロネコヤマトで発送し、発送番号をまた指示の通りメールで送った。

そうすると「商品が到着して交換条件が確認できてからの発送となる」と案内があったのに、発送番号を送ったすぐあとに「発送したよ」とメールが届いた。

ここらへんは「すぐやる」タスクですすめたしショップもこたえてくれた感じである。そして今日は「ちょうどいい」サイズのVFFで外出していて、ノートパソコンでこれを書いているのだった。

もう一足普段履きのベアフット系シューズを考えているけど、履いたことないモデルだとなおさらサイズ感に不安がある。海外から届くものだと買ってみるしかない。

しかし「このシリーズはワンサイズ上をお選び下さい」ってよく分かりません。