Hexoサイトではサイト間の投稿の入れ替えがしやすい

Hexoでサイトを書き始めてから便利なこと。

記事の移植がかんたん

同じHexoで書いているサイトが3つになったが(放置してる1つ加えて4つ)、相互に記事の入れ替えが簡単にできる。やり方はAサイトの投稿ファイルをBサイトの該当フォルダに移動させるだけ。

どのサイトも投稿は1枚のテキストファイル(Markdown)で書いているから、こういうことができる。WordPressの頃には、WordPress_Aサイトから投稿1つだけをWordPress_Bサイトに移すなんてやったことも無かった。

記事の見直し書き直しのアクセスが速い

エディタは常に開いていて、記事ファイルを移るのにもサクサク。記事本文をエディタから読むのに、記事ごとにデータを読み込みに行くPHP(動的サイト)とはわけが違う。なにげにデータを手元で繰っている感覚になる。実際にローカルのテキストファイルはもっさりしようがない。小さな修正やメモもローカルに確実に積み重なっていくので安心。

効率化のコツがわかった

何度も何度も実感してきたことをあらためて。共通化できる作業をまとめる。それによって同じ結果を得るのに異なる作業をするムダが省ける。手を複雑に動かしたいのは人間の本能だけど、同じ結果めざしたならそのためにムダをしたくないのも本能。

便利で多機能なCMSをあきらめることで、毎日行う本質的な作業のスピードが上がる感覚になっている。シンプルに必要なことに絞って繰り返すこと。(ブログ記事の)質より量より更新(繰り返す作業の)頻度ってこういうことか。