🌚

能動的に代謝しよう

瑞穂ハイランド「スプリングシーズン券(半月間滑り放題)」を購入してみた

— 2018年4月19日

2017-2018スノーボードシーズンで発見したことの1つは、瑞穂ハイランドの「スプリングシーズン券」という3月中旬からクローズまでのシーズン券。買ってみたが、来シーズンも販売されるかチェックしようと思う。

2017-2018シーズン最終盤は瑞穂ハイランドへ

いつもホームにして通っているのは大佐スキー場。リフトがのろいけどなぜか気にならない。短いコースなのになぜか楽しいゲレンデだ。だけど今シーズンのクローズは早かった。雪はまだあるのに3月11日(日)でクローズ。そもそも今2017-2018シーズンは人工雪も作っていなかった。

3月に入って時間の余裕を見つけてからまだゲレンデが開いているところを探して、久しぶりの瑞穂ハイランドへとなった。人工雪で3キロもあるゴンドラコースを過去には春まで滑ったことがある。ガッツリ気分で一応ウェブサイトを確認。

MIZUHO HIGHLAND

瑞穂ハイランドの「スプリングシーズン券」とは?

トップページの目立つところに「スプリングシーズン券」を発見した。通常の1日券がスプリング料金で4500円のところ、発行から終了までが8000円だという。

スプリングシーズン券を販売! | MIZUHO HIGHLAND

《スプリングシーズン券》
販売価格:8,000円(税込)
有効期限:ご購入日~2017-2018シーズン終了日まで
特  典:駐車場無料・同伴者割引1,000円(大人1日券のみ対象、3名様まで)・レストラン ワンコインメニューまたはメインメニュー500円引き
受  付:ハイランドインフォメーション
     申込用紙をご記入後、写真撮影を行い、即日シーズン券を発行いたします。

4月1日まで、営業予定となっております。
まだまだシーズンは終わりません!
ミズホエアージャンプマットの登場など、レースイベントやアトラクション盛り沢山の瑞穂ハイランドで遊ぼう!

見た瞬間に決めていた。リフト代1日分だけでも2回以上来られたら回収できる価格で、駐車場無料、レストランメニューが500円引き。

https://gyazo.com/4f7ed32cdeec3b2414bb8c51dec3bb20

「よりお得」に通えるか微妙だけど2回なら上がれるかも

https://gyazo.com/fc70297030a7854721dc8008c066b817

もしこれが12,000円で、「3回行くならばお得」な設定なら、選ばなかったかも知れない絶妙な設定。3月の16日にアナウンスされて4月1日までの営業日の半月間。まあ2回なら行けそうだ。

「もしかしたら4回5回」?いやないなと思いつつもニンマリなる。

購入と発行は?

https://gyazo.com/b9755f592ad667b452a700bbd70ab37e

通常のリフト券売り場ではなく、インフォメーションの方に回るように案内され、そこで申込用紙を書いてパソコンに接続されたカメラで顔写真を撮影。その場で顔写真付きのシーズン券が発行された。しかも入場時に支払った駐車料金1,000円も返金してくれるという。発行日であれば駐車料金の無料が適用されるというわけだ。

「それなら」と払い済みの駐車チケットを車まで取りに行って、現金1,000円と引き替えてもらった。書類をかいて写真をとってとリフトになかなか乗れなくても、気が急かずにまったりしてるのもシーズン最終時季のよいところ。

結局2回を瑞穂ハイランドに来られて時間切れ。シーズン終了した。楽しかった満足。

来シーズン2018-2019はどうしよう?

https://gyazo.com/c017fd4a6dde9402c902b98cdf5d9eb8

来シーズンこそ最初からキッカーに入るの狙いでゲレンデに上がり始めると思う。今シーズンの続きでステップアップ。ビビっていても「絶対にできること」に置き換えればとっかかりがある、これをやらないと。

シーズン当初のホームゲレンデはいつものように大佐スキー場になると思う。雪がたっぷりあるハイシーズンの瑞穂ハイランドにも来てみたいけど、体調や忙しさとの兼ね合い。お仲間づれで芸北国際にも行ってみたい気もしている。

3月になって「暖かいけど雪はまだある」というコンディションは身体も動かしやすくて、楽しめる。キッカーもざくざくしていてコケてもあまり痛くないのがいい。

そうだ、忘れていても思い出せるように、#Slack にリマインダーをセットしておこう。

人々の働き方を変える、次世代のビジネスコラボレーションツール | Slack