🌚

能動的に代謝しよう

2018年夏休み終了、ブログと筋トレも再開

Hexo, 筋トレ — 2018年8月17日

5/30にアジを捌いた記事を書いて以来。7月6日の広島豪雨災害で、被災世帯へのお手伝いに入ることになり、そこからあっという間の1か月。いわゆる夏休みは聖湖にペルセウス流星群をみたいと実家・弟家族とキャンプ場で一泊。車で横になったらシート形状と合わず目が覚めたら寝違えていた。

ブログ管理で気づいたこと

CSSのカスタマイズは別ファイルの追加読み込みで

2ヶ月半ぶりに書いてみて気づいたのは、CSSファイルのカスタマイズはCSSファイルを追加してそこにカスタマイズ分だけ書いていけばよかった、点。気づいてみればあっけないが、これでCSS変更の実装が簡単になり気軽に触れるようになった。これまでCSSをいじるたび、デプロイ時に参照先ファイル名が変更になりスタイルが当たらなくなってブログいじり全体が面倒くさくなっていたのだった。別の静的ジェネレーターエンジンのHugoのThemeが別ファイルに記述する仕様になっていたのでそれで気がつけた。

Hugoへの乗り換えはせず Hexo で運用

Hugo に乗り換えてしまうとまたわからないところが出るし、Node.jsやJavaScriptの勉強もまだやっていたい。Go言語まで手を出している余裕はもう少し先になるだろうから。Hugoはたしかに爆速だけれども、普段の運営で必要かといえばそうとも言えない。ローカルで書くのはHexoでもサクサクとしているし、アップロードもフォルダ丸ごと一発アップロードでホスティングされるには変わりないので。これでいいっちゃいい。Hugo はまた楽しみとしていじってみる。

パーマリンクにIDを使うのをやめた

パーマリンクとしてドメイン直下にIDとして運用(ogasawara.me/id)していたが、ドメインの下に年月日とファイルの起案時刻の四桁数字とした。この投稿だと ogasawara.me/2018/08/17/1102 のようになる。変更前は「とにかく短いURLにしたい」と決めて、投稿にIDをひとつひとつ付番して、それをドメイン直下に当てていた。しかしこのひとつひとつIDを付番する面倒があるために、投稿を作るのがおっくうに感じてしまっていて、これは本末転倒と判断した。なにせIDは手書きのノートに管理している始末でそのノートを参照しながらの投稿作成となっていたのだった。

ブログ運営を開始してからのパーマリンク変更は禁忌といわれている。これは外部リンクなど旧パーマリンクが全て無効(あるいはアクセスアップにマイナス)となるから、とされていること。とはいえここはその都度まっさらで始めるつもりでやっているし、収益化もめざさず実際に失ってこまるような+も起こっていない。今回、年月日の入ったパーマリンクにすることでいつの記事かが明確になるし、手元のローカル環境でも投稿が年月日ごとに整理されるメリットが生まれる。新しく試してみる気持ちで変更したし、そうできる現状に満足しているので、これでいい。

2018年7月広島豪雨災害

7月6日、特に午後からの豪雨時には、息子のカンフー大会出場で東京に向かっていた。広島を出発できたのも奇跡的なタイミングだったが、東京に向かいながら豪雨が本格的におそってきて、明らかになっていく被災状況をスマホで見ていた。友人実家宅に土砂が流入で避難生活となったり広島市周辺の交通網の遮断など、これまで経験したことのないほどで、それから1か月は矢の速さで過ぎていった。機会にもっと詳しく書いておきたい。

筋トレチャレンジを再開

昨年のいまごろ は筋トレチャレンジとして、「片方5キロのダンベルをもって」「毎日15分」「限界まで追い込む」というスペックで60日+30日の合計90日ほどやっていた。その後は特に「チャレンジ」と銘打つことはしないが、なにかしらダンベルをもって筋肉への負荷を感じる程度のエクササイズをする程度にしていた。

「チャレンジ」と銘打つと、どうしても「あらかじめ決めたノルマの実行」という感じになって、その日に余裕があればもっと、きつければお休み、という柔軟さを「サボり」と理解して硬直化するのがイヤだったから(と自分は評価している)。

先週くらいからまた秋〜冬にかけて負荷を高めてみる構想をもてたので8/8から筋トレ再開とした。特にメニューや毎日のノルマは決めていないけど、毎日何をするかの構想はハッキリしているから続けられそう。

また2018夏からの筋トレ構想として書けたらと思うが、キーワード的には「自重トレーニング」「全身の筋肉の連動・協調」「いつでもどこでもできる」といったあたり。昨年末あたりからダンベルの重さを増やそうかと可変式とベンチ導入も考えていたのから転換。買わなくてよいので、お財布にもお部屋のスペースにも好都合。

「自重で」と決めたからというか、これを見つけたからというか、「自重トレーニング」の構想をかき立ててくれる書物もみつけて手元にある。ひと通り読み終わったら感想レビューも書いておきたい。著者は「マニュアルとして書いた」といっているけれど自重トレーニングを推奨する深い思想が貫かれている。この指南書どうもこれから数年で大流行するような気がしている。

8/8にスタートし、1日おきに20分強のトレ時間を取っていて、翌日はちゃんと筋肉痛。ムリはしないで、簡単にできる動作こそ次につながっているから先先へ急ぐなと、その指南書。去年からの進歩があるとすれば「習慣化=具体的なノルマとルーチン」だったのをそうでなくてもいける、と思えたことかも。

さっそくここ数日は首を寝違えているけれど「ケガで挫折した」との評価にはなっていない。

首を寝違えて凹んだ件

お盆休みイベントとして泊まったキャンプで、車中のシートで横になった際、首の左後ろあたりを寝違えてしまった。8/14朝、気がついた。どうもシートに沈む身体の位置が決まらんなとゴソゴソしてたのは覚えていて、中途半端な位置と姿勢になったんだろう、首に違和感と動かそうとする際の痛みで目が覚めたという次第。

再開した「筋トレ」で、緩くとはいえある程度追い込んだ当日の夜で、バランスが崩れていたのもあると思う。また家族キャンプで摂取糖質量も増えていたのも「痛み」や「炎症」に影響しているのも明らか。

翌日8/15朝にはやわらいでいたが、急遽海外からのお客さんを接待することになり丸1日稼働して戻ったら痛みと拘縮再発。8/17朝は可動範囲は狭いものの痛みが終息するまで、じっと寝ているのが唯一の対処という久しぶりの事態を迎えてしまい、家人からなんのかんのイヤミを言われる(笑)。

まとめ

という経過なので、これをあまり長く書いていてもよくないけど、もう動かしながら回復させるつもり。サプリやプロテインで修復を促進。自重トレーニングの軽い動作は修復も兼ねた動きができそう。寝違え時にかなり脱水になっていたらしく、意識して水分補給たくさんしたらスッと身体が楽になった時間もあった。自重とはいえ負荷かけていく今後のトレーニング時にも水分補給を気をつけたい。それが今回学べたこと。夏休みらしい休み方(数日から1週間くらい普段暮らしていないところに滞在する)をいつかはしてみたい。